アフターエフェクト動画編集[自分の姿を粒子にする方法]

アフターエフェクト動画編集[自分の姿を粒子にする方法]

自分の姿を粒子にする方法

image via AEST

今回はAESTが解説するアフターエフェクトを使った動画編集[自分の姿を粒子に変化させる方法]をご紹介します.クリポケでは世界中のクリエイターがsnsに発信している動画解説を日本語解説付きで配信中です.お探しの解説をクリポケ動画編集一覧ページより検索しよう!!


 

[Aftereffects tutorial: disintegration effect]

彼は英語版aftereffectsを使用しているのでわからない言葉があればadobeが提供する[英語版及び日本語版エフェクトリスト対応表]や以下の日本語解説を参考にご覧ください.

 

 

プロジェクトを始めよう


①素材(レイヤー)の分割

初めにエフェクト[cc scatterize]と[マスク]を適用させる為に素材を分割します.分割するポイントはエフェクトを適用させたい位置[この場合だと指パッチンが合図なのでそれに合わせています]このポイントはあなたが使用している素材のポイントを優先してください.

レイヤーを二つに分割したら次は背景のためのレイヤー(3)を分割で作成します.レイヤー(3)は背景として使うので出演者が画面から切れたポイントにラインを合わせ分割させます.分割させたら上記の画面のように上からレイヤー(1)レイヤー(2)レイヤー(3)の順番に並び替えておきましょう.

レイヤー(3)をレイヤー(2)に重ね次はいよいよエフェクト[cc scatterize]とマスクによる編集に入っていきます.

 

 

②エフェクト適用範囲を定める


エフェクト適用範囲を定める前にレイヤー(2)を右クリックし[時間>最後のフレームでフリーズ]を選択しましょう.するとレイヤー(2)の素材がフリーズするので,カーソルをペンツールに持ち替えエフェクトを適用させる範囲を引いていきます.

最後はペンツールの始まりと終わりを結ぶことを忘れないでください.ペンツールで選択し終えたらエフェクト検索で[cc scatterize]を検索しましょう.[エフェクト検索>シュミレーション>cc scatterize]

 

 

③[cc scatterize]の適用


編集する項目はエフェクト[Scatter][right twist]とトランスフォーム[不透明度]です.

Scatter:一つ目[0]二つ目[500]

right twist:一つ目[0]二つ目[1×+2.2]

不透明度:一つ目[0%]二つ目[100%]

 

[Scatter][right twist]のキーフレーム設定

レイヤー(2)の映像開始位置にラインを合わせ[scatter]のストップウォッチアイコンをクリック.次に映像終了位置にラインを合わせ値を500に変更します.同じ手順でright twistのキーフレームを打っていきましょう.

編集の手順は[scatter]と同じですがラインの位置が異なっています.right twistに関してはみなさんが作成する映像を見ながら調整する必要があります.解説の数字を必ず一緒にしなければいけないということではないので皆さんのそれぞれの感覚を大切にしてください.

ここまでくれば編集終了まであと少しです.最後にエフェクトを適用した素材が綺麗に消えるように[トランスフォーム内の不透明度]を設定します.ポイントは上記の写真のようにレイヤー(2)の映像が切れる手前にキーフレーム一つ目[100%]を打ち,映像が切れたポイントに二つ目[0%]を打てば完了です.

 

 

完成:自分の姿を粒子にする方法


クリポケではクリエイターやインフルエンサーから届いた[エフェクト&プリセット]を配信中です.お探しのコンテンツがある方はクリポケ無料配信一覧ページへお進みください.

クリポケ[運営スタッフ]

世界中のクリエイターが作成した[エフェクト&プリセット]を配信中.お気に入りのコンテンツを一覧ページより検索しよう!!

Create Account



Log In Your Account