[クロップエフェクトを使って映画のような映像を作成する方法]

[クロップエフェクトを使って映画のような映像を作成する方法]

How to Achieve a cinematic film look

image via JustinOdisho

今回はジャスティンが解説する[How to Achieve a Cinematic Film Look with Widescreen Bars]をご紹介します.クリポケでは世界中のクリエイターが発信している動画編集を日本語解説付きで配信中です.お探しの解説をクリポケ動画編集一覧ページより検索しよう!!


 

[How to Achieve a Cinematic Film Look]

ジャスティンの解説は全て英語なのでわからない言葉や手順があれば,adobeが提供する[日本語版及び英語版エフェクトリスト対応表]や以下の日本語解説をご覧ください.

 

 

[クロップ]&[lumetriカラー]による編集方法


・調整レイヤーを作成

彼の解説では[クロップエフェクト]と[lumetriカラー]を使い編集するので,まずは調整レイヤーを作成しましょう.次にエフェクト検索からクロップエフェクトを検索し調整レイヤーにドラッグ&ドロップします.

クロップエフェクトで編集する項目は[]と[]です.変更前と変更後の値は下記を参照ください.

クロップ[上]0.0%→12.2%

クロップ[下]0.0%→12.2%

映像素材や調整レイヤーのサイズにより[クロップ]のかかり方は異なるので,各々の判断で%の値を調節しましょう.

 

 

[lumetriカラー]


[クロップエフェクト]による編集を終えたら次はLumetriカラー編集を行います.エフェクトを適用する素材(調整レイヤー)を選択しパネル[Lumetriカラー]をご覧ください.この複数の項目の中から今回は(クリエイティブとカーブ)を使って解説します.

[Lumetriカラー]のクリエイティブ項目をクリックし[Look]の選択を変えてみましょう.ジャスティンが選択したフィルターは[kodak 5218 kodak 2395 (by adobe)]ですが,他のフィルターではどのような色味になるか試してみてください.色味を選択したら次は[調整]のフェードの値を変更します.

[調整]フェード0.0(変更前)→11.1(変更後)

 

 

・カーブの編集

[Lumetriカラー]のカーブを少し編集します.rgbカーブの赤色を映像と照らし合わせながら調整します.調整の度合いは皆さんの使用する映像素材により異なるので,みなさんの感覚を優先してください.以上で[クロップとlumetriカラー]による編集を終えます.

 

 

完成:映画のような映像を作成する方法


クリポケでは動画編集の他にクリエイターが作成した[エフェクト&プリセット]を配信中です.お探しのコンテンツをクリポケ一覧ページより検索しよう!!

 

クリポケ[運営スタッフ]

世界中のクリエイターが作成した[エフェクト&プリセット]を配信中.お気に入りのコンテンツを一覧ページより検索しよう!!

Create Account



Log In Your Account