[数字カウントアニメーション]How to make an Animated Number Counter

[数字カウントアニメーション]How to make an Animated Number Counter

数字カウントアニメーション

image via JustinOdisho

今回はジャスティンが解説する[数字カウントアニメーション(How to make an Animated Number Counter)]をご紹介します.クリポケでは世界中のクリエイターがsnsに発信している解説動画を日本語解説付きで配信中です.お探しの解説をクリポケ動画編集一覧ページより検索しよう!!


 

[数字カウントアニメーションの作成方法]

ジャスティンの解説動画は全て英語なので,わからない言葉があればadobeが提供する[英語版及び日本語版エフェクトリスト対応表]又は以下の[日本語解説]を参考にご覧ください.

 

プロジェクトの開始


①テキストレイヤーを開き数字を入力

まずは[レイヤー>新規>テキスト]の順に進みテキストレイヤーを開きましょう.次にエフェクト検索で[スライダー制御]を見つけたらテキストレイヤーにドラッグ&ドロップします.

スライダー制御をテキストに適用させた後はソーステキストのストップウォッチアイコンをクリックし下記の手順で数式を入力しましょう.[mac osの場合:optionキーを押しながら左クリック/windowsの場合:altキーを押しながら左クリック]

 

 


②テキスト(スライダー制御)の編集

入力を簡単及び正確にするため[渦巻き線]を[スライダー]まで引っ張ってください.そうすることでソーステキストに数式が反映されます.ですが,このままでは数字の変化に制限がないため(−+)無限に変化してしまいます.そうしないためにキーフレームで0から100を設定する必要があります.

スライダー制御内にあるスライダーをご覧ください.まずスタート位置にラインを合わせ0を設定します.次に終了位置にラインを合わせ100を設定します.これで0から100までの範囲の設定が出来ました.彼の解説では小数点第二位まで表示させているのでもう少し細かい編集をしていきます.

 

 


③スライダー制御の式の編集

小数点第二位の表示にするには,effect(“Slider Control”)(“Slider”)の後に[.value.toFixed(2)]の式を追加する必要があります.記事内では大文字小文字が全て小文字で表示されているので下記映像を参考に 記入してください.

この解説動画では値の編集が多く初めての方だと少し苦戦するかもしれませんが,一度編集方法を理解すれば応用が効くので一つ一つクリアにしていきましょう.では最後にドル表記の方法数字の色の変化を説明し終えていきます.

 

④ドルの表記&カラー設定


ドルの表記を追加するには(effect……)の前に[“$”+]を付け加えることで表示されます.上の画像では式の末が0となっていますが,小数点第二位迄の表示なので(2)のままで問題ありません.ここまでくれば後一息!!最後は徐々に緑色になる仕組みを設定します.

 

・カラー設定

完成映像のように徐々にグリーンに変化させるには,キーフレームの(開始位置と終了位置)の設定が重要になっていきます.まず開始位置にラインを合わせストップウォッチアイコンをクリック.この時の色は[白色]に設定しましょう.終了位置にラインを合わせた時に最終的に変化させたい色[グリーン]に設定し完了となります.

ジャスティンの解説内でわからない事があれば,この日本語解説を参考にご覧ください.

 

完成:[数字カウントアニメーション]


クリポケ[運営スタッフ]

世界中のクリエイターが作成した[エフェクト&プリセット]を配信中.お気に入りのコンテンツを一覧ページより検索しよう!!

Create Account



Log In Your Account