こんにちはKyoです.

今回はMacで編集した動画をiPhoneに送信する方法をAirdropを例にご紹介します.[今までMacからスマホに送った際に動画の画質が荒くなっていた]と感じていた方はこの方法をお試しください.実際にこの方法を使いInstagram上に動画をUpされている(@TomoakiYui)さんに教えていただいた方法です.

せっかく長い時間を費やし動画作成しても書き出しの時に画質を悪くしたらもったいないので,これからご紹介する方法(Airdrop共有)を一緒に試していきましょう.

 

MacとiPhone動画共有方法

Airdrop共有

AirDropを使いMacからコンテンツをiPhoneに送信するには,双方のデバイスが対応しているかまずは確認ください.詳細の確認はこちらでご確認いただけます.(→Mac公式サポート)

公式サポートに書いている説明を読んでも[共有できなかった][Macに自分のiPhoneが表示されない]など,不具合が生じた方は以下の問題が考えられます.(*デバイスが対応していてもワイヤレス(Bluetooth)の仕様が異なっている原因)

 

MacBookAirは2010年と2011年でBluetoothを2.1→4にバージョンアップさせています.この変化が原因で共有に不具合が生じている可能性が高いです.私もこの不具合の原因がわからず,検索しても理由が出てこない.モヤモヤしている時にAppleStoreの友人に教えてもらった不具合の原因が上記の理由でした.

 

最新のiPhoneはBluetooth4を搭載しているので,共有できないはずです.もし不具合が出ている方は双方のデバイスの確認を行なってください.より詳細の共有方法はこちらご覧ください.

クリポケ[運営スタッフ]

世界中のクリエイターが作成した[エフェクト&プリセット]を配信中.お気に入りのコンテンツを一覧ページより検索しよう!!

Create Account



Log In Your Account